有田亜希子写真

  講師プロフィール  

有田 亜希子
兵庫県伊丹市出身のボイストレーナー。
ソプラノ歌手。
相愛大学音楽学部声楽専攻卒業。
合気道初段。最近の推し犬は秋田犬。

LINE友達追加
Twitter
メール

歌の勉強の始まり

中学から合唱を始め、音大目指して高校入学と同時に声楽を習い始める。
高校時代はバッハに狂い、明けても暮れてもマタイ受難曲を聴き、マタイのソロを歌うことが夢となる。
古楽専攻がある大学だから古楽ができる!と期待しながら、相愛大学に入学、そこでバッハを歌うかと思いきや、イギリスのリュートソングにどハマりする。
ヘンデルやパーセルを中心に勉強し、卒業試験はパーセルの宗教歌曲「哀れみ深い天使よ、教えたまえ(Tell me, some pitying angel)」。
卒業後はチェンバロやリュートとのアンサンブルで、各地で演奏活動を行う。
かたや仏教讃歌が好きで、今のレパートリーは現代日本とイギリスルネサンスの二本立て。

声の勉強の始まり

しかしそもそも学生時代から発声に難有りで。
先生から「あなたは声がない」とよく言われていました。
「声がない」ので声がなくても歌える、小さい作品をレパートリーとすべきだ、と。

声は「生まれ持ったもの」?
じゃあ、今、「声がない」私は「いい声」にはならないのか?
「いい声を持っている人」と「持っていない人」は、どこが違っていて、何が足りないのか?
「発声が悪い」というのは、具体的に「何」が悪いのか?

という疑問がずっとくすぶっていました。
「も〜声がなくて、才能がないならないでいいから、これらの謎がわかりたい!」と思い、
声楽レッスンと並行してアレクサンダーテクニーク、野口体操、、、
とボディワークをかじり始め、体の世界に迷い込みます。
2013年には合気道を始め、武術にハマり、現在初段。

カラダを探し回っていたら、音楽家専門の理学療法士の先生に出会い、音楽家に必要な解剖学を学びました。
さらにそこからご縁が広がり、東京にもせっせと通ってフースラーメソードを始めとしたボイトレ理論を学んでいるうちに、声は後天的に育てていけるんやな〜と確信し、希望を持ちました。

今も日々稽古し、進化し続けていますが、一番変わったことは、
感覚に頼るしかなくて「声がうまくいくかどうかは運次第」「うまくいっても具体的に何を操作したかわからない」という雲をつかむような練習だったのが、
理屈が見えてきたので、自分で状態を把握し、狙いを定め、見通しをもって練習して、そしてまた変化があれば自分で把握して、次の方向性を見つけられるようになれたことです。(もちろん体は複雑なので思いもかけず変化することもある)

現在は、これまで学んできたボディワークや解剖学の知識、合気道の経験、などを悪魔合体させ、
声楽家、ジャズシンガー、俳優、教師や僧侶、電話の苦手なサラリーマンなど、ジャンルを問わず、一人一人の課題やニーズに合わせた発声指導を行っています。

合気道との出会い

合気道に興味を持ったのは、友人が合気道をやっていたからでした。
その友人に歌を教えていた時、歌が初めてなのに脱力や力の使い方が上手で、すぐにイイ声が出るようになったので、
「何したん?」と尋ねたら、「合気道と一緒」と言われ、
「ほな、私の迷いまくっている発声のヒントになるかもしれない!!」と希望を抱いたのでした。
発声のために始めた合気道。たしかに自分の声や体をどう使うか、という技術的な部分もとても役に立ちましたが、それよりももっと大きな影響がありました。

合気道は相手を投げて、相手に勝つ、格闘技のように見えますが、「対立せず、同化する」ことを稽古します。
「自分がこうやりたい」しか見ていないと、相手にぶつかって、技がかからず、力みも生んでしまうのです。
ピアニストとも、お客さんとも、空間とも、自分の体とも、何とも対立せず、何をも打ち負かさず、全てひとつながりのものとして感じる。
合気道を通して、舞台や人との関わりが怖いものではなくなり、自分のあり方が大きく変わりました。
自分の内面・メンタルだけの問題かと思いきや、そうでもなく、関係性の感じ方が変わることで、自分との関わり方が変わり、声も変わり、相手への伝わり方が変わります。

今は、この合気道で経験してきた「相手を通して自分を観察する」「相手との接点から自分の進む方向を見つける」という感覚を、「相手に声を伝える」ことに応用する方法を模索しています。
「合気道的に歌うことってできるかな」が研究テーマです。

合気道、楽しいよ!

なんで七宝?

ロゴ制作:一ノ瀬かおるさん(漫画家)

有田亜希子、母校である相愛大学は浄土真宗の宗門校です。
大学在学中から仏教にシンパシーを感じており、今や仏教讃歌が大好きで、
たびたび浄土真宗本願寺派の本山である西本願寺でも、仏教讃歌の歌唱指導をさせていただいています。

”七宝”といえば、伝統工芸の七宝焼き、伝統紋様の七宝つなぎ、などがありますが、
いずれも語源は、お浄土の情景の一つ、”七宝樹林”です。

お浄土では、七つの宝(金・銀・瑠璃・珊瑚・水晶など、経典により色々)でできた樹々が一面に立ち並んでいて、
これを”七宝樹林”と呼びます。
ここでは、金の樹、銀の樹、瑠璃の樹、、と独立しているものだけでなく、
一本の木の中に、金の幹、銀の葉、瑠璃の枝、、、と入り混じってできた樹もあり、
まばゆく光り輝いています。
お浄土に風が吹くと、この樹々が揺れ、美しく調和した音楽が鳴り響くそうです。

さらに!
親鸞聖人は、「清風宝樹をふくときは いつつの音声いだしつつ 宮商和して自然なり 清浄勲を礼すへし」とうたっておられます。

「いつつの音声」というのは、声明で使われる5音階、宮・商・角・徴・羽のことです。
そして、「宮」は西洋音楽でいう「ド」「商」は西洋音楽でいう「レ」にあたります。
世俗ではこの「宮(ド)」と「商(レ)」はぶつかって不協和音になってしまいますが、
このお浄土の、七宝樹林から生まれた「宮(ド)」と「商(レ)」は、ぶつからずに調和してしまうどころか、
聞いた者を悟りに導かれるということです。

なんやそれ最高すぎるやろ……

私のレッスンでは、みなさんが出したい声以外の、体に眠れる声を開拓していきます。
「知らん声」とか「いらんと思ってた声」が、「出したい声」の栄養になるからです。
正しい声も、間違った声も、不要な声もありません。

「声」というのはそもそも、誰かに思いを伝え、関わりあうための媒体です。
生き続ける間、自分以外の誰かや何かと関わることから逃げられません。
その他者との関わりの中で、違ったものが並立し、入り混じり、
むしろ、違っているからこそ調和するような、
そんな関係性が紡げるといいなぁと願いつつ、
七宝の名前をいただきました。